読書メモ

真藤順丈「宝島」

投稿日:

直木賞ってエンターテイメント小説だと勝手に思っているので、この作品は直木賞のイメージにぴったりでした。

「宝島」というタイトルから、宝探しが始まるんだとワクワクして読み始めましたが、沖縄が舞台で、思ってたのと違いどういうことかなと、読むのが停滞した部分もありました。読み終えてみれば、様々な要素が絡まる面白い小説でした。

沖縄の暗い部分に目を向けなければなりませんが、映画にしたらきっとヒットするのではと思います。若い人ならきっと楽しめること間違いなし。

恋愛・友情・暴力・謎解き・歴史と読んでいて飽きません。

著者は映画監督を志していたようです。なるほどそれで、映像が浮かびやすいんですね。

普段あまり小説は読まず、映画とか漫画とかアニメとかを見ている人に、小説も面白いぞって薦めたい小説です!

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

川北 稔「砂糖の世界史」

甘いものには砂糖がたくさん入っていて、料理にも少しまぜたりし、身近にあふれかえる砂糖にどんな歴史があるのかと思って読んで見ました。砂糖という一つの商品の歴史を追うことで、世界史全体を楽しく学べました。 …

内田 貴「民法改正」

民法改正作業に当たっている最中に書かれた本です。改正後の民法についてはこの時はまだ分かりませんので、改正前民法でどのようなことが問題なのか論点がまとめられております。民法の歴史、国際的に見た場合の日本 …

村井俊哉「統合失調症」

私の家族が統合失調症で、そのことを知ったのが約10年前。大きな書店でこの病気についてかかれた本を何冊か読んでみて、遺伝と関係があることを知り衝撃を受けた。いずれ結婚するとして、相手にこのことを伝えなけ …

no image

高橋ダン「世界のお金持ちが実践するお金の増やし方」

20年前に冒険投資家のジム・ロジャーズに惹かれて以来、いつか投資を始めようと思いつつ、10年程前に投資信託を始めたものの買ってすぐ値下がりして、つまらなくてやめていたのですが、最近YouTubeで著者 …

荒川和久、中野 信子「「一人で生きる」が当たり前になる社会」

子供のころ、将来の夢を聞かれた女の子が、お嫁さんと答えていたのに、時代はすっかり変わってしまって、今や結婚しない人が増えてきて、これからもっと加速するようです。夫婦と子供二人を想定した標準家族モデルも …