読書メモ

アンデシュ・ハンセン「スマホ脳」

投稿日:

当たり前のことですが、引用している科学的事実が、日本で紹介される事実と同じことに驚きました。著者はスウェーデン人なので、もっと違ったことを言うのかと、違った事実が出てくるものとばかり思いこんでおりましたので。

今や多くの人にとって肌身離さず持っておかないと不安にかられる存在とまでなったスマートフォン。私たちの生活を変え便利にしてくれている一方、気づいていないだけで実は恐ろしいものを手にしているのではと、漠然と感じておられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

著者はまず人類の脳は数十万年前にサバンナで暮らしていたころと変わっていないことと、ストレス・うつの仕組みを説明したうえで、スマホの悪影響について述べていきます。

まずは依存について。依存といえばドーパミンですが、スマホに通知が届くと分泌されますので、はまってしまいやめられなくなります。次に集中力の低下。スマホはマルチタスクになりがちで人から集中力を奪います。さらに些末な情報を無視できなくなり、作業記憶(短期記憶)を低下させます。またスマホはブルーライトを発しますので、睡眠に悪影響を与えます。

著者はスウェーデンの精神科医です。物質的には恵まれているはずなのに、うつ等の不調を抱える人が増えているのはなぜか。その問いを探る過程で本書は生まれております。

スマホとの付き合い方を見直したい人、日々不調を感じている人、子供にスマホを与えるべきか迷っている人は読んで損はありません。翻訳もスムーズで読みやすいのでぜひ読んで見てくださいね。

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

農情人・一美華「副業読書」(Kindle版)

読書家の二人がKindle出版を盛り上げるために書いた本です。Kindle出版は小遣い稼ぎで出版している粗悪本もあるので、読書家に向けて、Kindle出版の品質を上げていこうという主張には大いに共感し …

no image

2021年に読んだ本を振り返る

2021年に読んだ本をジャンル別に振り返ってみます。 小説 注文日書名付帯情報2021/1/2熱源 (文春e-book)川越 宗一 2021/2/11渦 妹背山婦女庭訓 魂結び (文春e-b …

メンタリストDaiGo「悩む力」

「クリティカル・シンキング」について易しく書かれた本です。他のクリティカル・シンキングについて書かれた本は、専門的で難しそうでしたが、本書は具体的に分かりやすく書かれておりますので、すぐにでも実践でき …

モラ・アーロンズ・ミリ「内向型のままでも成功できる仕事術」

内向型の人が会社でどのように働くのかを説く内容かと思って手に取りました。著者は会社で働いていた経験もあるので、そのことについても触れていますが、むしろ会社で働くのがストレスなので、起業してなんとかやっ …

えむひこ「太りたいのに太れない 簡単にできる太る方法 さよならガリガリ体型」

実家に帰ったときに体重計があったので乗って見たら、思った以上に体重が減っていた。どうりでズボンのウエストが緩く感じるわけだ。 そこでまた太って標準体重に少しでも近づけるために、この本を読んで見た。 著 …