読書メモ

アンデシュ・ハンセン「スマホ脳」

投稿日:

当たり前のことですが、引用している科学的事実が、日本で紹介される事実と同じことに驚きました。著者はスウェーデン人なので、もっと違ったことを言うのかと、違った事実が出てくるものとばかり思いこんでおりましたので。

今や多くの人にとって肌身離さず持っておかないと不安にかられる存在とまでなったスマートフォン。私たちの生活を変え便利にしてくれている一方、気づいていないだけで実は恐ろしいものを手にしているのではと、漠然と感じておられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

著者はまず人類の脳は数十万年前にサバンナで暮らしていたころと変わっていないことと、ストレス・うつの仕組みを説明したうえで、スマホの悪影響について述べていきます。

まずは依存について。依存といえばドーパミンですが、スマホに通知が届くと分泌されますので、はまってしまいやめられなくなります。次に集中力の低下。スマホはマルチタスクになりがちで人から集中力を奪います。さらに些末な情報を無視できなくなり、作業記憶(短期記憶)を低下させます。またスマホはブルーライトを発しますので、睡眠に悪影響を与えます。

著者はスウェーデンの精神科医です。物質的には恵まれているはずなのに、うつ等の不調を抱える人が増えているのはなぜか。その問いを探る過程で本書は生まれております。

スマホとの付き合い方を見直したい人、日々不調を感じている人、子供にスマホを与えるべきか迷っている人は読んで損はありません。翻訳もスムーズで読みやすいのでぜひ読んで見てくださいね。

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

勝間和代「勝間式 金持ちになる読書法」

分かりやすくて面白くてどんどん読み進められました。 内容としましては、本というのは、出版社の方が中身を確認しているので、ネットの記事よりも品質が高い。テレビはスポンサーの意向があるし、視聴者受けする内 …

野々木宏・福井次矢「狭心症・心筋梗塞 正しい治療がわかる本 (EBMシリーズ)」(法研)

狭心症・心筋梗塞についての基礎知識を学べました。家族が心筋梗塞で倒れた方は、心筋梗塞がどのような病気かよく理解できると思います。 巻末に全国の循環器系の病院のリストがついているのは、よかったですが、一 …

ジョンJ.レイティ・エリック・ヘイガーマン「脳を鍛えるには運動しかない!」(NHK出版)

健康を維持するには運動した方がいいと誰でもわかっています。健康診断の問診票にも、1日30分の運動を週3回以上してますかと、書いてあったりする。けれどもなかなか運動を習慣化できない人が多いと思います。 …

読書猿「独学大全」(ダイヤモンド社)

前々からタイトルに惹かれて気になっていた本です。ページ数が多いのと値段が高めなので、購入をためらっていましたが、浅田すぐるさんもおすすめしていたので、手に取りました。 学びの技法については、メンタリス …

高橋麻奈「よくわかるITパスポート 2022年」(Kindle版)

ITについて手軽に学ぶため、本書を読んで見ました。とにかく範囲が広くて、想像以上でした。世の中には、この程度の内容を当然に知っていて、仕事している人がいることを考えると、自分はデジタルリテラシーについ …