読書メモ

[第162回直木賞受賞作] 川越宗一「熱源」

投稿日:

歴史小説なのでちょっと固めです。

普段から読書している人向けか、歴史好きな人向けだなと感じました。普段本読まない人は読み切るのがきつそう。

本の内容は、アイヌの人々とリトアニア出身のアイヌ研究者が、歴史に翻弄される姿を描いています。

少数民族との共生、進歩主義的な考えについて考えさせられます。

読んでいていくつかの緊迫した場面が印象的でした。序盤ですと主人公のお兄さん的存在の頭領チコビローと屯田兵の軍曹が、子供の喧嘩の決着をつける場面。中盤の大隈重信とアイヌ研究者の会話の場面。終盤のアイヌ研究者の最後です。

著者は会社勤めをされておりましたが、前作が松本清張賞を受賞したことにより、退社されているようです。僅か2作目で直木賞を受賞されているのですごい方だと思います。

アイヌやロシアに興味がある人、樺太の歴史について知りたい人、民俗学に関心がある人にはぜひ読んでいただきたい作品です。

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

高橋洋一「国民のための経済と財政の基礎知識」

テレビとか新聞で経済や財政について報道されるが、私は無知なので、そっくりそのまま受け取っている。国の負債が1,000兆円あって、資産が600兆円ですと伝えられれば、残りの400兆円もどうやって返してい …

no image

2021年に読んだ本を振り返る

2021年に読んだ本をジャンル別に振り返ってみます。 小説 注文日書名付帯情報2021/1/2熱源 (文春e-book)川越 宗一 2021/2/11渦 妹背山婦女庭訓 魂結び (文春e-b …

ピーター・ティール・ブレイク・マスターズ、関 美和訳「ゼロ・トゥ・ワン」

副業をしたいなと考えているのですけれど、巷に溢れているものをマネしても、時間がかかる割には、得るものがないのではないかと考え、こちらの本を読んでゼロからイチを作れればと思い手にしてみました。 著者のピ …

中野信子「あなたの脳のしつけ方」

仕事・恋愛・努力・運といったことについて脳科学で分かっていることは何か、気軽に学べるいい本でした。 脳科学に興味があるけど、まったく分からない人や、合理的な思考をする人におすすめです。 特に面白かった …

農情人・一美華「副業読書」(Kindle版)

読書家の二人がKindle出版を盛り上げるために書いた本です。Kindle出版は小遣い稼ぎで出版している粗悪本もあるので、読書家に向けて、Kindle出版の品質を上げていこうという主張には大いに共感し …