読書メモ

[第162回直木賞受賞作] 川越宗一「熱源」

投稿日:

歴史小説なのでちょっと固めです。

普段から読書している人向けか、歴史好きな人向けだなと感じました。普段本読まない人は読み切るのがきつそう。

本の内容は、アイヌの人々とリトアニア出身のアイヌ研究者が、歴史に翻弄される姿を描いています。

少数民族との共生、進歩主義的な考えについて考えさせられます。

読んでいていくつかの緊迫した場面が印象的でした。序盤ですと主人公のお兄さん的存在の頭領チコビローと屯田兵の軍曹が、子供の喧嘩の決着をつける場面。中盤の大隈重信とアイヌ研究者の会話の場面。終盤のアイヌ研究者の最後です。

著者は会社勤めをされておりましたが、前作が松本清張賞を受賞したことにより、退社されているようです。僅か2作目で直木賞を受賞されているのですごい方だと思います。

アイヌやロシアに興味がある人、樺太の歴史について知りたい人、民俗学に関心がある人にはぜひ読んでいただきたい作品です。

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

坂村健「DX とは何か」(KADOKAWA、2021)

DXという言葉をよく耳にするのですが、よく分からないので、本書を読んで見ました。DXはデジタル化、情報化とどこが違うのか? DXは、IoTやビッグデータ、AIを組み合わせて構造改革していくという意味の …

しゅーぞー「副業禁止会社員が語る なぜ今Kindle出版を始めるべきなのか?」

副業禁止の会社でも副業できる理由が知りたくて手に取りました。1.国が副業を推進している 2.職業選択の自由が保障されている 3.就業規則にそこまでの効力はない というのが理由でした。2の職業選択の自由 …

池上彰「一気にわかる! 池上彰の世界情勢2022」(毎日新聞出版)

普段テレビを見ないので、時事的なものをつかむため購入しました。分かりやすくて勉強になるのですが、事実のみではつまらなく感じてしまいました。私は池上さんの意見が知りたかったんだと気づきました。もともと小 …

えむひこ「太りたいのに太れない 簡単にできる太る方法 さよならガリガリ体型」

実家に帰ったときに体重計があったので乗って見たら、思った以上に体重が減っていた。どうりでズボンのウエストが緩く感じるわけだ。 そこでまた太って標準体重に少しでも近づけるために、この本を読んで見た。 著 …

小島 寛之「統計学入門」(ダイヤモンド社 2006)

確率とか統計学で難しいところは省いて、重要なところを中学数学のみで説明してくれた良書。kindleでは図と数式をうまく読み上げてくれないので、聞く読書では理解が進まないところが多々あったが、それでも統 …