読書メモ

[第162回直木賞受賞作] 川越宗一「熱源」

投稿日:

歴史小説なのでちょっと固めです。

普段から読書している人向けか、歴史好きな人向けだなと感じました。普段本読まない人は読み切るのがきつそう。

本の内容は、アイヌの人々とリトアニア出身のアイヌ研究者が、歴史に翻弄される姿を描いています。

少数民族との共生、進歩主義的な考えについて考えさせられます。

読んでいていくつかの緊迫した場面が印象的でした。序盤ですと主人公のお兄さん的存在の頭領チコビローと屯田兵の軍曹が、子供の喧嘩の決着をつける場面。中盤の大隈重信とアイヌ研究者の会話の場面。終盤のアイヌ研究者の最後です。

著者は会社勤めをされておりましたが、前作が松本清張賞を受賞したことにより、退社されているようです。僅か2作目で直木賞を受賞されているのですごい方だと思います。

アイヌやロシアに興味がある人、樺太の歴史について知りたい人、民俗学に関心がある人にはぜひ読んでいただきたい作品です。

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

真藤順丈「宝島」

直木賞ってエンターテイメント小説だと勝手に思っているので、この作品は直木賞のイメージにぴったりでした。 「宝島」というタイトルから、宝探しが始まるんだとワクワクして読み始めましたが、沖縄が舞台で、思っ …

武田友紀「「繊細さん」の本」

HSP(繊細な人)に元気になってもらえるよう書かれた本です。アドバイスが具体的なので、自分に合ったものからすぐに試して実行できるでしょう。 著者はHSPカウンセラーで自身もHSPでいらっしゃいます。自 …

伊藤真「民法 (伊藤真ファーストトラックシリーズ)」

入門書を読んで民法はそんなに難しくはないとの思いが打ち砕かれました。この本は初学者向けで、用語の解説等親切丁寧な作りになっています。が、専門用語が出るわ出るわで、こんなに工夫がこらされてるのに、理解を …

M.チクセントミハイ「フロー体験入門」

やさしい本ばかり読んでいたので、学術的な翻訳の文章が読みにくくありましたが、フロー研究の第一人者が書いたフローについての説明は読んでためになりました。 フローというのは何かに没頭したり夢中になっていた …

内田 貴「民法改正」

民法改正作業に当たっている最中に書かれた本です。改正後の民法についてはこの時はまだ分かりませんので、改正前民法でどのようなことが問題なのか論点がまとめられております。民法の歴史、国際的に見た場合の日本 …