読書メモ

[第163回直木賞受賞作] 馳星周「少年と犬」

投稿日:

東日本大震災後一人になった犬が、大切な人の元へ行くために日本を縦断する物語。途中、男、泥棒、夫婦、娼婦、老人と行動を共にする。犬には不思議な力があって孤独や死のにおいがする人を嗅ぎ分け、近寄り癒し救う。

私はペットを飼ったことがないけれども、ペットから得られる安らぎが伝わってきて、いつかはペットを飼いたい気持ちにさせられる。

悪いことだとしっていながら、生きるために仕方なく悪事に手を染めたり、どうしてもパートナーを気遣ってやることができなかったり、妻に先立たれ、子供からは見放されていたり、そんな時でも傍に犬がいれば、犬と触れ合うことで自分のダメさ加減を認識し、またやりなおそうという気持ちが湧いてくる。

ペットを飼っていなくて、生きづらさを感じている人にこそ読んで欲しい作品だと思いました。

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ポール・ドーラン「幸せな選択、不幸な選択」(早川書房 2015)

学者の方が書かれていて、文章に硬い印象を受けました。著者は幸せを快楽とやりがいと定義しています。人それぞれ、自分にあった快楽とやりがいのバランスをとると、幸せになれるのかもしれません。

山﨑 圭一「一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書」(SBクリエイティブ)

高校の時、日本史で受験しようと考えていたので、1年間必修で学んだ世界史は、ほとんど勉強していませんでした。本書にもあるように、高校の世界史の教科書は、視点がめまぐるしく変わり、頭に入らないなぁと感じて …

モラ・アーロンズ・ミリ「内向型のままでも成功できる仕事術」

内向型の人が会社でどのように働くのかを説く内容かと思って手に取りました。著者は会社で働いていた経験もあるので、そのことについても触れていますが、むしろ会社で働くのがストレスなので、起業してなんとかやっ …

藤沢数希「損する結婚 儲かる離婚」

結婚を離婚するときのお金の面から考えた本です。奥さんが専業主婦で離婚する場合は、痛い目に合うかもしれません。結婚の制度について考えさせられます。 印象的なところは、女性が年収の高い男性を求めるのは当然 …

中野信子「あなたの脳のしつけ方」

仕事・恋愛・努力・運といったことについて脳科学で分かっていることは何か、気軽に学べるいい本でした。 脳科学に興味があるけど、まったく分からない人や、合理的な思考をする人におすすめです。 特に面白かった …