動画視聴メモ

動画視聴メモ「 どこまで人に頼っていいですか?【精神科医・樺沢紫苑】」

投稿日:

要約

相手との心理的距離感を考えるといい人間関係を築ける。心理学で「自己開示の法則」がある。相手に自己開示することにより、相手が心を開き親密になっていくというもの。しかし、親しくない人に自己開示すると引かれてしまう場合がある。相手を観察して心理的距離感を測ることが大事。

感想

一方的に相手に頼って、重い話をしてしまうと、相手も負担がかかるので、こちらも相手の役に立つことができていないとなかなか難しい。

-動画視聴メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

動画視聴メモ「幸せになるお金の使い方。」(勝間和代)

要約 幸せになるものにはお金を使い、幸せにならないものは節約していこう。コストパフォーマンスならぬコストハピネスを意識しよう! 感想 性格からか、無駄なものにお金を使いたくないので、自然とコストハピネ …

no image

動画視聴メモ「ネガティブは必要である」【精神科医・樺沢紫苑】

要約 ポジティブ心理学では、ネガティブ:ポジティブの比率が「1:3」がいいと言われている。ネガティブが「0」でなければならないとは言ってない。ネガティブな考えが出たときは、「それでいい」と認めてポジテ …

no image

動画視聴メモ「ストレスを排除できない時の対処法」【精神科医・樺沢紫苑】

要約 体調を整えれば、レジリエンス(ストレスをやり過ごす能力)が高まる。大きなストレスもやり過ごせるようになる。体調を整えるには睡眠・運動・朝散歩をする。 感想 確かに睡眠・運動・朝散歩を意識して、規 …

no image

動画視聴メモ「セロトニンが健康にいい理由」【精神科医・樺沢紫苑】

https://www.youtube.com/watch?v=ElmeytXuEI8 要約 セロトニンは脳の指揮者。ドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンを調整してくれる。 感想 一日のスタート …

no image

動画視聴メモ「認知行動療法は、うつ病の人向けの治療でしょうか?」【精神科医・樺沢紫苑】

要約 認知行動療法は、認知のゆがみがメンタル疾患の原因と考え、そのゆがみを直していくカウンセリングの療法のことをいう。認知のゆがみとは、たとえばネガティブ思考やゼロヒャク思考のような思考パターンのこと …