読書メモ

成毛眞「黄金のアウトプット術」

投稿日:2020年10月2日 更新日:

この本は著者のアウトプット術がちりばめられています。アウトプットといえば樺沢紫苑さんの「アウトプット大全」が有名ですが、ビジネス経験豊富な著者が考えるアウトプット術は、樺沢さんとはまた違った面白さがあります。

著者が年配の方ということもあって、たとえ話が古い部分がありますので、中年の方、居酒屋で上司の話しを聞くのが嫌でないサラリーマンの方、特に管理系というよりは営業系の方、SNSを活用されていない方におすすめです。

この本では、アウトプット本ですので、当然「書くこと」と「話すこと」について書かれていますが、それだけではなく「見た目」なんかも書かれています。「見た目」もアウトプットだからです。

また、アウトプットするには、インプットすることも重要ですので、インプットについてのことや、「対話術」についても書かれています。

読んでいて一番印象的だったところは、「編集」することに価値があるということです。「編集」することは機械ができないからです。たとえば銀行窓口係が、客の持ってきた書類を見て、その通りに入力し、出力されてきた現金を渡すといったようなことは、ATMが代りにできますので価値はありません。もし銀行窓口係が客に合わせて、10万円を1万円札5枚と千円札50枚とで持っていた方がいいと提案できるのなら、そこに「編集」が発生し機械に仕事を奪われることはないということです。

著者は自動車部品メーカー、アスキーなどを経てマイクロソフトに入社、日本法人の社長も務められた方です。honzという書評サイトの代表でもあります。様々な経験をされていますね。

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

伊藤真「伊藤真の民法入門」

民法の大事な部分が分かりやすく読みやすく書かれています。 これから試験勉強するわけではないのですが、民法の普通のテキストから読まなくて正解でした。細かいところがたくさんありきっと嫌になっていたと思いま …

武田友紀「「繊細さん」の本」

HSP(繊細な人)に元気になってもらえるよう書かれた本です。アドバイスが具体的なので、自分に合ったものからすぐに試して実行できるでしょう。 著者はHSPカウンセラーで自身もHSPでいらっしゃいます。自 …

no image

[第163回直木賞受賞作] 馳星周「少年と犬」

東日本大震災後一人になった犬が、大切な人の元へ行くために日本を縦断する物語。途中、男、泥棒、夫婦、娼婦、老人と行動を共にする。犬には不思議な力があって孤独や死のにおいがする人を嗅ぎ分け、近寄り癒し救う …

川北 稔「砂糖の世界史」

甘いものには砂糖がたくさん入っていて、料理にも少しまぜたりし、身近にあふれかえる砂糖にどんな歴史があるのかと思って読んで見ました。砂糖という一つの商品の歴史を追うことで、世界史全体を楽しく学べました。 …

メンタリストDaiGo「悩む力」

「クリティカル・シンキング」について易しく書かれた本です。他のクリティカル・シンキングについて書かれた本は、専門的で難しそうでしたが、本書は具体的に分かりやすく書かれておりますので、すぐにでも実践でき …