読書メモ

成毛眞「黄金のアウトプット術」

投稿日:2020年10月2日 更新日:

この本は著者のアウトプット術がちりばめられています。アウトプットといえば樺沢紫苑さんの「アウトプット大全」が有名ですが、ビジネス経験豊富な著者が考えるアウトプット術は、樺沢さんとはまた違った面白さがあります。

著者が年配の方ということもあって、たとえ話が古い部分がありますので、中年の方、居酒屋で上司の話しを聞くのが嫌でないサラリーマンの方、特に管理系というよりは営業系の方、SNSを活用されていない方におすすめです。

この本では、アウトプット本ですので、当然「書くこと」と「話すこと」について書かれていますが、それだけではなく「見た目」なんかも書かれています。「見た目」もアウトプットだからです。

また、アウトプットするには、インプットすることも重要ですので、インプットについてのことや、「対話術」についても書かれています。

読んでいて一番印象的だったところは、「編集」することに価値があるということです。「編集」することは機械ができないからです。たとえば銀行窓口係が、客の持ってきた書類を見て、その通りに入力し、出力されてきた現金を渡すといったようなことは、ATMが代りにできますので価値はありません。もし銀行窓口係が客に合わせて、10万円を1万円札5枚と千円札50枚とで持っていた方がいいと提案できるのなら、そこに「編集」が発生し機械に仕事を奪われることはないということです。

著者は自動車部品メーカー、アスキーなどを経てマイクロソフトに入社、日本法人の社長も務められた方です。honzという書評サイトの代表でもあります。様々な経験をされていますね。

-読書メモ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

荒川和久、中野 信子「「一人で生きる」が当たり前になる社会」

子供のころ、将来の夢を聞かれた女の子が、お嫁さんと答えていたのに、時代はすっかり変わってしまって、今や結婚しない人が増えてきて、これからもっと加速するようです。夫婦と子供二人を想定した標準家族モデルも …

内田 貴「民法改正」

民法改正作業に当たっている最中に書かれた本です。改正後の民法についてはこの時はまだ分かりませんので、改正前民法でどのようなことが問題なのか論点がまとめられております。民法の歴史、国際的に見た場合の日本 …

マーティ・O・レイニー「内向型を強みにする」

内向型に関することが網羅的に書かれている本でした。スーザン・ケインさんの「内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法」もすごく中身の濃い本でしたが、こちらの本も読みごたえがありました。 外向型と内向型の …

中野信子「あなたの脳のしつけ方」

仕事・恋愛・努力・運といったことについて脳科学で分かっていることは何か、気軽に学べるいい本でした。 脳科学に興味があるけど、まったく分からない人や、合理的な思考をする人におすすめです。 特に面白かった …

勝間和代「勝間式 金持ちになる読書法」

分かりやすくて面白くてどんどん読み進められました。 内容としましては、本というのは、出版社の方が中身を確認しているので、ネットの記事よりも品質が高い。テレビはスポンサーの意向があるし、視聴者受けする内 …